「仕事と趣味」について考えてみました。

仕事とは、基本的に対価が発生するものになります。
でも、せどりって趣味の延長でも、やれば対価発生しますよね?

では、趣味なのか?仕事なのか?少し考えてみました。

趣味は、お金を払ってでも楽しいことですが、
仕事は、商品を買ってもらったり、給与をもらったり、誰かからお金をもらわなくてはいけません。
単に自分の好きなことをしていたのでは、誰もお金を支払ってくれません。

どんなに自分が良いと思っていても、お客さんや所属会社が求めているものと違っていては、お金になりません。

仕事の目的は、対価を得られることからわかるとおり、「他者の満足」に他なりません。
そして、派生的にその目的を達成したときに、初めて自分の満足を得ることが出来るのだと思います。

一方、趣味は、自分が楽しむこと、「自己満足」が目的です。

自分が満足するレベルに到達するために、
辛い練習に耐えたりすることはありますが、
判断も評価も、むしろ、辞めることすら、あくまでも、自分の価値観です。

そこで、
趣味をを仕事にするには、その価値観を、他者に合わせることが必要になります。

妥協が必要なこともあるでしょうし、我慢しなければならないときもあります。

そういった価値観の修正は、逆に言うと、自分が好きなことほど難しくて、辛い作業だと思います。

と、ここで・・・。

あなたのせどりは趣味ですか?

それとも、仕事として捉えていますか?

これからどうしたいか考えてみるのもいいかもしれませんね。