中古ブランド販売のメリットデメリット

中古ブランド販売のメリットデメリットについてお話します。

中古のブランドの良さは、ひとつ、過度な値下げに巻き込まれないという点があります。
昨日まで、1万円だったブランド財布が、今日には3000円になったとかは無いわけです。

それが、新品だと、人気が急に無くなったり、別の新しいものが出たり、出品者が多くなったりで、価格破壊が起こったりします。

中古ブランドは比較的、飽和しにくいジャンルなんです。

もちろん、アパレルもそうです。

では、逆にデメリットは何かもお伝えいたします。
まずは、縦積みがしにくいです。
同じ商品を何個も仕入れるというのは現実的に難しいです。

もちろん、それを可能にする手もあるにはありますが、それには投資が少し必要になります。仕入れ先を多く持たないと行けなかったり、色々な価格帯のものを集めたりなどですね。

そして、アパレルに関して言うと、季節によって、少し変えなければなりません。
今、水着を売っても売れないのは分かりますよね?
まあ、水着は扱っていないのですが(笑)たとえばの話です。

逆に言うと、季節モノを季節外で仕入れるとおいしいのですが、それはまた別のお話。興味があればまたお話します。

中古ブランドは、比較的安定していると言えると思います。

それは、店舗でも中古のブランドのコーナーがあることからも理解しやすいと思いませんか?
安定して売れたり、供給が出来るからこそ、ずっと売り場があるわけです。

中古ブランドに興味がある方は、ぜひライン@にご登録を!
ブランドは、単に知っているか知らないかで差が出ますよ。

あなたの気づきになれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする