中古市場でブランドが取引されているのはあなたもしっていますよね?
中古ブランドには買取率というものがあります。

簡単に言うと、定価の何%で売れるかってことです。
では、それってどれくらいが平均なのでしょうか。

ブランドにもよりますが、
10万円のバッグは査定されると1~2万くらいになります。
およそ20%程度が限界なのです。もちろん、平均です。
プレ値のものなどもありますが、まあ少ないです。

定価より高く売れるものなんてないと思っていいと思います。
定価より高い値段で買い取りされるものなんて0.01%くらいとも言われています。

そんなごく一部の大人気商品、プレミア商品でもないかぎりは「購入価格の20%返ってきたら万々歳」くらいに思っていてください。
過度の期待は禁物です。

ですが。

これは買い取り業者での話。

わたしたちはメルカリで個人売買をするので、これ以上にはしないといけません。
というか、その為にしているといってもいいです。

そして、買い取られた中古ブランドがいくらで市場に出回るかと言うと、

これも大雑把ですが、買い取り金額の2倍~3倍くらいです。

買取相場を調べるには、通販サイトやネットオークションで自分の売りたい品物を探してみるのが手っ取り早いでしょう。

同じようなものは数多く出品されています。
何個も見ることで、相場がだいたい分かってきます。
もちろん、程度にもよりますけどね。

わたしたちのつける値段は、この間です。

4万で出品しているストアがあるのであれば、3万でその顧客をさらう。
もちろん、仕入れは1万~2万くらいで探すわけです。

こうなると、仕入れが一番重要なのが分かりますよね。
安く買って高く売るのがせどりの基本です。
わたしたちは、なんとかして安いものを見つけて買うことが大事なわけです。

当たり前と言えば当たり前ですね。
中古の仕入れは、新品せどりのように価格差でもうけるわけではありません。

安くて良いものを探し続けることが必要になるわけです。
その為には、それぞれの相場を知っておく必要があります。

幸い、メルカリなどでも簡単に相場は見れます。

たとえば、「ルイヴィトン 長財布」 などと検索し、値段の安い順に並べます。
ひとつずつ見ていくと、値段が上がるごとにだんだん程度が良くなっていきます。
その時、ふと、たまにこれ綺麗なのに、値段が安いなと思うことがあります。

それが違和感です。

あまりにも安すぎるものは偽物の可能性もありますが、こういう違和感で仕入れをしていくと、損切りなどをせずにすみますよ。

今日は、少しブランドの仕入れについて考えてみました。
いかがでしたか?