「最大の苦手科目は、最大の得意科目になり得る」

偉人の言葉から
DSC_2350

自分の経験を振り返って思うのは、「最大の苦手科目は、最大の得意科目になり得る」ということです。

なぜなら、苦手意識があるからこそ、人は意識的な努力を積み重ねるからです。

山本真司

これはとても共感します。

私も、ブランドやアパレルなんてほとんど興味がなかった理系の人間です。

まあ、理系がすべてそうというわけではないでしょうけどね。

勉強すればどんな分野でも3か月あればプロに近いところまでは行けると思っています。

苦手であればあるほど、調べたりしますからね。

イメージとして残りやすいというのもあるのかもしれませんね。

敢えて苦手な分野に飛び込むというのもチャレンジとしては評価できると思います。

あなたにとって、苦手な分野は何ですか?

せどり?文章作成?顧客対応力?

今一度考えてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました